システムプラザソフィア HOMEスクールTOPコース料金一覧時間表 パソコンスクール

Excel こんなこと知ってる? Vol.1
←このアイコン EXCELのカメラ機能 の話です。 

 EXCELで一つのシートに複数の表を作成しているときに
  上の表とはセル幅を変えたいのになー
    いまいち、レイアウトにセンスがないなー と感じたことはありませんか。

                こんな時には迷わず、(カメラ)。
                                   あなたも今日からカメラ小僧の仲間入りです。
例えば...こんな表です。

  

「部長、課長...」は印鑑をおすところ。
この部分(捺印エリア)を皆さんならどう作りますか?


カメラ
機能を使うと、
この捺印エリアだけをsheet2など全く関係ないところに自由な大きさで作成して、
カメラでぱちっと貼り付けることがでます。
さらにべんりなのは、
  1)貼り付けた後、自由に大きさを変更することができる
  2)元の表(全く関係ないところに作成した表)の内容や書式を変更すると
    貼り付けた先の表もきちんと変わること。

複雑な表は、Wordでうんざりしながらつくるか、Excelでオートシェイプを使うしかない..
と諦めていたあなた、カメラ) を覚えて下さい。
 
まず、準備...
 ユーザー設定ダイアログボックスを使って、 をツールバーに表示しておきます。
 その詳しいやり方は Office共通の知恵 Vol.1 にも記載しました...見てね!

1.《ツール》メニュー
  ↓
  《ユーザー設定》で表示されるダイアログボックスの《コマンド》タブを表示

2.分類ボックスの「ツール」内に「カメラ」があります。
  探し出して標準や書式設定ツールバーに追加してください。























これで準備は完了よ!!


3.目的の表を作成します。
        こんな感じです → 

4.別のシートに捺印エリアを作成します。
        こんな感じです → 
  購入予定表はSheet1に作成、捺印エリアはSheet2に作成しました。
  こんな風に、「捺印エリア」などは全く関係ないシートに作っておいた方が何かと便利です。
ここからが本番!!
5.Sheet2の捺印エリアを選択し、を押します。

  選択した範囲が点線で囲まれ、マウスカーソルの形が  になります。
  (シート上にマウスカーソルを移動するとになります)

6.Sheet1をクリックしてアクティブにし(クリックして前面に表示することをアクティブにすると言います)
  そのシートの適当な箇所をクリックしてください。
  Sheet2の捺印エリアが貼り付くはずです。
         こんな感じになる → 

7.後はもう普通の図形と同じです。○部分でドラッグすれば伸縮します。
  では回転、図形内にカーソルを移動して、カーソルが ←このになったら
  下の図のように捺印エリアを自由な位置に持っていくことができます。

           
できたかな?
う〜ん、難しいって人は、ソフィアに練習に来てください。単発の個人レッスンでキチンと覚えてね。
 
おまけ...
エクセルでは、こういった図形のことを オブジェクト という呼び方でまとめています。
オートシェイプもグラフも、カメラで貼り付けたエリアも、クリップアートも、すべて オブジェクト です。

オブジェクトは、自由に移動や拡大、縮小、回転などができますが、さらにもう一つ。
移動のときに Altキーを押しながら動かすと、セルの枠線に合わせて移動させることができます。
拡大や縮小も同じです。
右端をぴったり合わせたい などといった細かい要求にきちんと応えてくれます。


見にきてくれてありがとう。
みなさんの、教えて、知りたいメールがページ更新の励みになります。
上田までメールくださいね。
2003.10.28
脱初心者の知恵袋表紙へ Excelこんなこと知ってる?Vol2へ 

システムプラザソフィア HOMEスクールTOPコース料金一覧時間表 パソコンスクール
静岡市清水区銀座 Tel.054-367-2641 お問い合わせ